だから私達は太陽光発電で節電

だから私達は太陽光発電で節電


だから私達は太陽光発電で節電

だから私達は太陽光発電で節電

【だから私達は太陽光発電で節電】でご案内しています太陽光発電情報にご注目ください。
基礎知識からちょっとした専門的なことまで豊富に公開しています。太陽光発電が研究され始めてから長く経ちますが、やっと最近になって一般家庭でも普及されてきました。
まさに太陽光発電の導入をするなら今がチャンスであり、お得な制度が実施されている今のうちに導入をしておきましょう。

福島第一原発の事故が収束しないまま時だけが流れ、新しいエネルギーもまだまだ確立していません。
そこで昔から注目されている太陽光発電をご家庭に設置し、微力ながらも地球環境に貢献をしてみてはいかがでしょう。

少々勘違いをされている人がいますが、太陽光発電によって莫大な利益を出すことは出来ません。
そもそも太陽光発電は利益というワケではなく、全く別のメリットがあるのです。




だから私達は太陽光発電で節電ブログ:18-5-2021
幼かったむすめが大好きだったもの、
それはおれの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだってむすめはおれの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついおれの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

ある夜のこと。
いつもむすめの右側で寝ていたおれは、
たまたま左側で眠っていた。

むすめが動く気配で目が覚めると、
むすめが右側にいる夫の方に転がっていくのが目に入った。

そして夫の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、むすめの手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわてておれの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

むすめは、おれと夫をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきったむすめの寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

むすめに耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、母親としての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、むすめはおれの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったある夜、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
むすめの指がふと離れた。

そしてそれ以来、
むすめの指がおれの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になったむすめは笑う。

それでも、おれは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…

だから私達は太陽光発電で節電

だから私達は太陽光発電で節電

★メニュー

【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策
【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電セミナーに参加してみては?
【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意
【お役立ちメニュー】太陽光発電のシステムと設置費用
【お役立ちメニュー】太陽光発電を設置することの問題点
【お役立ちメニュー】事前に様々な情報を集めておきましょう
【お役立ちメニュー】地球環境問題に貢献出来る太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価
【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュート


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)だから私達は太陽光発電で節電