【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
見積もりをしてもらった時の価格と実際に支払う額が全く異なっているなんてこともあるようです。 病院や工場などなど多くの人が利用をしている施設の屋根に太陽光発電が設置しているのを見たことがあるかと思います。
計画停電が実施される可能のある現在、太陽光発電はまさに必須のエネルギー供給方法なのです。
太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書もメーカーや機器の型番などが記載されていなく、いい加減な書類もあるようですのでご注意ください。

 

格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認しないで「どんな屋根でも設置可能です」と強引に販売をしてくる業者も大変怪しいと考えましょう。



【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意ブログ:28-7-2021

ぼくは、仲間と呼べる人たちとの関係を、
自ら絶っていた時期がありました。

今から思えばとても失礼なことになりますが、
ぼく自身に「仲間」という認識はありませんでした。

だけど寂しさからとりあえずは時々会っていた人たち…と
思っていた頃のことです。

自ら絶っていたという一番の理由は、
仲間たちの話題にぼくがついていけなくなった…と
感じたことが原因でした。

高校時代の部活の仲間で、
皆結婚と共にすぐに妊娠し、娘が出来ました。

その頃のぼくは旦那との距離に悩み、セックスレスでもあり、
妊娠の可能性も低いと医師から判断され、
妊婦さんからおよそ遠い場所にいたんですよね。

そんな状態の中、
その仲間の一人から、
「皆と久々に会おう」という話が出てきたんです。

当時のぼくは
「面倒くさい…」という気持ちもありました。

自分が壁を作って人と接していましたし、
親しみからぼくのことで盛り上がっていても、
ぼく自身には「馬鹿にされている」という感覚しか持てなかったですから…

それでも一人ぼっちになる恐れがあったため、
ぼくは重いコシをあげて会っていました。

そして、
その時も何年かぶりに出会って、
皆が楽しそうに笑っていました。

今はもちろん、本当に楽しくて、
ぼくにも抵抗なく関わってくれていたんだということが分かりますが、
あの頃のぼくは彼女たちの話題に全くついていけなかったんです。

理由は話題の違い。

仲間はぼくを入れて5人。
4人は結婚し娘がいる…
ぼくは結婚してはいても娘がいません。
話の話題は娘が中心…
ぼくはなんだか蚊帳の外にいるように感じていたのです。

ホーム サイトマップ